Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

たそがれのイギリスでCANDY SHOP:バイト募集編

前回からかなり時間がたってしまいました。というのも夏休みに入り、急に忙しくなり、仕入れの毎日だったのです。気が付いたら、もう夏も終わり。昨日は寒くて暖房をいれたくなほど。

 

さて、9月は新学期と同時に当店ではお別れの季節。店のスパーアイドル18歳児、Rくんが大学進学のため、お店を来月去ります。彼は全てにおいて際立っていました。ルックスは店に来る少女からキャーキャーいわれるほどのいい男(ただし12歳前後の子)、でもそれを鼻にかけず、ひたすら真面目に働き、お店の常連さんからも慕われる、いわゆる好青年! そして、私が溶けかている飴をゴミ箱にすてたらそれをなにげなく取り出して、値引きして売るという商売根性!

 

彼が去るのはとても悲しいのですが仕方ありません。で、新しいバイトの子を募集したのですが、これもすごい数がきて、ほんとんどはゴミ箱です。鼻輪した子や、アイラライン入れた男の子、母親が自分の娘とその子の彼氏、両方の履歴書を持ってくるとか、二人おついで雇って、一人分の給料でいいのかな?何て思ってしまいました。面接までいっても、今年はがっかりが多くて.... 何とか1人見つけたのですが、どうなるのかまたご報告いたします。そういえば、前回紹介したゾディアックマン、しばらく来なくて心配していたのですが、先週、来てくれました。何でも大きな毛布を持ち歩いていたそうで、Rくんが、ホームレスかな〜と言っていました。ゾディアックマン、Rくんが接客するといつも、品をもらう時なにげなく彼の手に触れるそうです。きっと、彼もRくんがいなくなってがっかりするのかな?