Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

BrexitのイギリスでCandy Shop:感激の日曜日

皆様、母の日おめでとうございます。イギリスの母の日は3月に終わっているので、店は通常の日曜日という感じです。でも天気も良く、暖かく、店全体も明るい雰囲気。

 

母の日ということで、私も早めに仕事を終え、Tさん(ホリデーから帰ったばかり)にバトンタッチして、同じショッピングセンターないのスーパーで買い物し、その後、店にちょっと顔を出したところ、Tさんが興奮して、「XXXXOOO」。「エー 何?意味がわかんない。もう一度言って」と聞き返したところ、Tさんが

 

「今、たまに来る、老紳士が£9.99のお買い上げで、£20を支払ったの。で、£10.01お釣りを渡したら、彼が君たちはとてもいい人たちだ、これをとっておきなさい、と言って£5置いていったの」

 

Tさんは、ショックと感動で、目はウルウルしてました。私も信じられない.... そして言葉にならないくらいうれしー、店やっててよかったー もちろん、£5がうれしいのではなくて、当店の素晴らしいスタッフへの心遣いに感激です。たまに、心ないお客様からの一言で、傷つくこともあります。でも、今日のようなお客様がいるから、明日も頑張ろうという気になります。これからも、お客様に心地よくお買い物していただけるよう努力していきたいです。そして、スタッフの皆に感謝!

f:id:candyprincess:20170515001620j:plain