Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

BrexitのイギリスでCandy Shop:消えた常連さんたち

イギリスもやっと暖かくなってきました。来週は母の日、来月にはイースターがあります。

 

ところで最近、めっきり姿を見ない常連さんたちがいます。ここで紹介したゾディアックマン、歯のないおしゃれなおじさんもうそうです。ゾディアックマンは、どんどん浮浪者っぽくなっていき、スタッフも心配していたのです。背中には大きなリュック、ボサボサの髪の毛、汚れた手。一回に買う量も少なくなりました。ところが、なんと、ある日、すっかりきれいになって現れたそうです。整った髪、シャキッとしたシャツ。この時対客したTさんは、この変貌ぶりに驚いたとか。でもそれ以来、まったく姿を見せません。新しい仕事が見つかって忙しいのか、または引っ越したのか、なぞです。

 

もう一人、歯のない、言っていることがよくわからない野球帽のおじさん。いつも週に2度ほど来ていたのですが、まったく来なくなってしまいました。このおじさん、Tさんいわく、いつもパブで飲んでいて、知らない人にもよくお酒をおごっていたそうです。最近はまったく見かけないとのこと。最後に来店頂いた時には、歩くのがたどたどしかったので、ご無事でいられるといいのですが.... 

 

こんな具合に、常連さんも入れ替わります。糖尿病で、無糖のチョコを毎週3枚買っていかれる素敵なゴージャスな女性(70代)、いつも来店どきにはお話して楽しいのですが、何か会うたびにお太りになっているようで...チョコのせいじゃないかと少し心配です。無糖でも、カロリーはあるので。お店としてはうれしいのですが。

 

常連様、元気でなが〜くご来店ください!

f:id:candyprincess:20170323201648j:plain