BrexitのイギリスでCandy Shop:W君の七不思議

夏も中盤に入り、アリ騒動などありましたが、天候も暑すぎず店も忙しく、スタッフも充実していて、私は毎日商品の注文に追われています。

 

ところで約一年近く働いてくれたR君が去り、代わりに期待の星、W君(23歳の青年)が入りました。でも彼、今までにない困ったちゃんだったんです。では、彼の七不思議を紹介いたします。

1)遅刻魔:働き始めてから2週間ぐらいたった頃から始まり、15分から45分の遅刻。そのたびに理由は違っていて、一生懸命に説明してくれる。一応走って店に来る。もう二度と遅刻しないからと言いつつ、また遅刻する。

2)ものすごい高学歴で、素晴らしい成績で素晴らし大学を卒業している。何でうちで働いているの?

3)商品の配達がくると、箱を開けずじっと手を組んで箱を見つめている。最終的に、時間がなかったということで終わる。

4)することが全てにおいてものすごく遅い、直ぐにお客様の列ができてしまうけど、あせることなくマイペースで乗り切る。何を頼んでも遅いんで、結局、私がやるはめになる。

5)落としたキャンディーを手にとってじっとみつめているから捨てるように言ったら、「本当に捨てていいの?」と言われ、ショックを受けた。

6)キャンディーを素手で触っているから注意したら「あのね、僕の手は綺麗だから大丈夫だよ」と言われさらにショックを受けた。

7)なんでかわからないけど、彼がニコってすると、全てが許せてしまいます。なぜかというと物凄く可愛い性格。これは、私だけではなく、他のスタッフもそう感じている。素直で擦れていない綺麗な心(または凄い役者)。だから、今も一生懸命店で働いています。皆に守られて(皆に迷惑をかけて).....

 

f:id:candyprincess:20170820235131j:plain

 

BrexitのイギリスでCandy Shop:夏の恐怖、アリの襲撃その2

ついに恐れていたことが....

お客様からの返品がありました。例のロリーポップです。

アリのロリーポップ、売れませんよねー

f:id:candyprincess:20170803191118j:plain

BrexitのイギリスでCandy Shop:夏の恐怖、アリの襲撃

7月上旬頃からボツボツとアリが店に出現し、そのたびに殺していました。今年は6月から暑い日も多く、そのせいかアリの数もだんだん多くなり心配していたのです。特に、高級なロリーポップが好きで、その周りに数匹、時々...

 

そんなある日、ロリーポップが2つスタンドから落ちて台の上にありました。また、誰かがとって、スタンドに戻さなかったのかなと、Tさんが戻そうと手に取ったら、何と半部以上たべられているではないですか!!!どうやって硬くしまっているセロハンの包みを突き抜けたのか?アリの力は凄い!感心している場合じゃないんですよー

 

この店はお砂糖の塊、甘い匂いでプンプン、アリが入り込んだらとんでもないことになるのは目に見えてます。とにかく、掃除して、高級ロリーポップをドア際から離し、アリの出現に注意していますが、まだ夏も中盤どうなることやら。

 

ある朝、店に来たら店中がアリで真っ黒なんて、想像するだけで鳥肌が.....アリの恐怖に怯える毎日です。

f:id:candyprincess:20170728003507j:plain

BrexitのイギリスでCandy Shop:クールジャパン

相変わらず、日本のお菓子は人気です。人気があると言っても、値段が高いので買う人はたくさんはいません。でも、売れる時は大量に売れます。皆、興奮して日本のお菓子を手にとり、キャーキャー言って、期待していると全然違うものを買ってお帰りになります。

 

どんな人が買うかというと、イギリス人のアニオタっぽい人、若い女学生、たまに大人、男の子、女の子、早い話がいろいろ。ピカチューのお菓子が好きで大量に買ってくださる若いお兄さんもいます(アキバで見かけそうな感じの人でついつい親しみを感じてしまいます)。先日は、中年の女性が娘さんのおみやげに買っていかれました。何でも日本語を勉強していて、日本の大学に行きたいそうです。「学校で日本語勉強しているんですか?」と聞いたら、「違うのよ、YouTubeでアニメみて勉強しているの」「あ、あそうですか」。お母さま「あれだけ見れば覚えるわよね〜。ホッホッホ」。あーそういう時代なんですね。これ、一人だけじゃないんです。何人がそういう人がお店に来て、日本のお菓子お買いになるのです。

 

ある女学生、「わー日本のおかし〜 どれもかわいい!ステキ ステキ!」。レジで、日本のラムネキャンディーを買われ、一言「先輩、好きです」「.......」きっと、アニメで覚えたんでしょうね。すごいの一言です。

f:id:candyprincess:20170701001841j:plain

BrexitのイギリスでCandy Shop:入れ墨

6月に入り、イギリスも暑い日が多くなってきました。今週の日曜日、父の日は30度になるとの予報です。お客様もかなり薄着になって、まるで真夏のビーチリゾートのような感じ。

 

肌を出すと意外な人が入れ墨を入れていたりして驚きます。当店一のベテランTさんも腕にかなり大きな入れ墨があります。私は個人的に好きではないのですが、イギリスでは結構普通。常連の方で腕じゅうに入れ墨を入れている方がいて、話してみたら何と入れ墨師でした。お客様用に飴をたくさん買われます。(飴をなめて痛みをまぎわらす?)

 

話はTさんに戻りますが、なるべく入れ墨は夏場でも隠すように言ってあります。Candy Shopと入れ墨はあまり合わないし、子供も来るので。そして、もう増やさないでくれ、とも言ったのですが、見えないとこにする、との回答でした。そして、最近また一つ増えました。お母さんの2回忌(3回忌かも)を記念して、お母様の顔を、もう一つの腕に。記念に入れ墨なんて、私には考えられないけど、こちらでは全然ありなんですよね〜 ともかく、隠すように伝えました。お母様には失礼だけど、人の顔の入れ墨なんて怖いですよねー ちょっと振り向いたら腕に顔とか... 彼女の入れ墨もっと増え続けるのでしょうか?増えないことを願います。

BrexitのイギリスでCandy Shop:感激の日曜日

皆様、母の日おめでとうございます。イギリスの母の日は3月に終わっているので、店は通常の日曜日という感じです。でも天気も良く、暖かく、店全体も明るい雰囲気。

 

母の日ということで、私も早めに仕事を終え、Tさん(ホリデーから帰ったばかり)にバトンタッチして、同じショッピングセンターないのスーパーで買い物し、その後、店にちょっと顔を出したところ、Tさんが興奮して、「XXXXOOO」。「エー 何?意味がわかんない。もう一度言って」と聞き返したところ、Tさんが

 

「今、たまに来る、老紳士が£9.99のお買い上げで、£20を支払ったの。で、£10.01お釣りを渡したら、彼が君たちはとてもいい人たちだ、これをとっておきなさい、と言って£5置いていったの」

 

Tさんは、ショックと感動で、目はウルウルしてました。私も信じられない.... そして言葉にならないくらいうれしー、店やっててよかったー もちろん、£5がうれしいのではなくて、当店の素晴らしいスタッフへの心遣いに感激です。たまに、心ないお客様からの一言で、傷つくこともあります。でも、今日のようなお客様がいるから、明日も頑張ろうという気になります。これからも、お客様に心地よくお買い物していただけるよう努力していきたいです。そして、スタッフの皆に感謝!

f:id:candyprincess:20170515001620j:plain

 

BrexitのイギリスでCandy Shop:スタッフアップデート

4月に入りイギリスも随分暖かくなりました。

昨年、若い子が3人入ったとお伝えしましたが、2人やめ、今は医学部を目指すR君のみです。彼も医学部の内定が決まり来月のテストに向けて猛勉強しているようです。たまに、勉強のメモがお店のカウンターの上に置いてあるので、暇な時はお店で勉強しているようですが....(本当はいけないんだよR君)お店も5月いっぱいで辞め、勉強に集中するそうです。そして、7月には家族でスリランカに旅行に行くとか。ちょっと寂いな.... 口達者で、売るのが上手くて、こちらが呆気にとられることもありました。😮

 

また、2月にはもう一人、新人さんが入りました。お客さんでいらした日本人の奥様で、息子さんが甘党とのこと。たくさんお買い物していただいた後、お店で働いていただくことになりました。本当にラッキーです。いくら募集しても見つからない時もあれば、向こうから人が来てくれることもあるんですね〜

 

ということで、またR君の後を探さなくてはなりません。でも、優秀な子が見つかる確率は25%、トホホ...(昨年、実は4人入れたのですが、1人は2日ほど働いて辞めてもらいました。あまりにひどいので)